本文へスキップ

日本語教育、談話分析、時々ビジネス日本語教育...

〒753-8511 山口県山口市吉田1677-1 
山口大学留学生センター

研究

研究業績

【著書】
山根智恵(監修)2013 『研究社 日本語口語表現辞典』研究社
【論文】
1)永井涼子・南浦涼介 2014「学授業において留学生と日本人学生は共に何を学べるか-留学生教育と社会科教員養成をつなぐ試み-」
2)生天目知美・永井涼子 2013「数値が大きいことを表す「高い」「大きい」の類義用法―BCCWJを資料としたコーパス分析―」(査読付)
3)永井涼子 2013「日本語会話ボランティアの制度化が持つ意義と課題」
4)永井涼子 2012「日本語授業におけるビジターセッションの取組と意義」
5)永井涼子 2012「 看護師による「申し送り」の談話構造」(査読付)
6)永井涼子 2011「日本企業のビジネス・マインドや特質に関する教育体制の構築」
7)登里民子・永井涼子 2011「介護福祉士候補者を対象とする「申し送り」聞き取り授業の実践報告」(査読付)
8)大和啓子・生天目知美・永井涼子 2009「日本語教育実習生の内省的実践をめざした反省会の試み」






9)永井涼子 2009「初級におけるディベート準備授業の試み」(査読付)
10)永井涼子 2007「看護師による「申し送り」会話のインターアクション-雑談との比較を通じて-」(査読付)
11)永井涼子 2007「 看護師による「申し送り」会話の談話交替管理-スタイルシフトを中心に-」(査読付)
12)嶋ちはる・永井涼子 2007「ビデオレタープロジェクトの持つ可能性」(査読付)
13)永井涼子 2005「実習生の非言語行動に関する考察」

14)永井涼子 2004「「申し送り」談話における情報伝達ストラテジー」


大学教育,第11号,pp50-67


言語学論叢オンライン版,第6号 (通巻32号),pp49-68

大学教育,10号,pp67-78

大学教育,9号,pp50-61

北研學刊,8号,pp38-51

大学教育,8号,pp53-64

国際交流基金日本語教育紀要,7号,pp85-102
平成20年度教育プロジェクト支援経費報告書 TAを活用した教育高度化プログラム:学群・学類教育の充実と大学院生のキャリア教育支援のためのTA制度の実質化に向けて,pp57-67

筑波大学留学生センター紀要,24,pp85-95
応用言語学研究,14,PP73-86
日本語教育,135,pp80-89

フランス日本語教育,3,pp57-64
『平成16年度日本語教育実習報告論文集』,pp73-85
科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書平成13-15年度『日本語における話し言葉の文法』,pp41-56
【学会発表】
1)南浦涼介・永井涼子 2013「 社会科教員志望学生と留学生は 合同授業を通して何を得るか -学生・留学生・教員の語りから-」
2)生天目知美・永井涼子 2013「数値の大きさを示す「高い」「大きい」の使い分け—BCCWJを資料としたコーパス分析-」
3) 永井涼子 2013「看護師談話の分析を応用した教材作成の試み―引き継ぎ報告「申し送り」を対象に―」
4)生天目知美・永井涼子 2013「数値が大きいことを表す「高い」「大きい」の類義用法-BCCWJを資料としたコーパス分析-」
5)南浦涼介・永井涼子 2013「協働学習によって何を考え,どう伝えるのか―大学における留学生教育と社会科教員養成をつなぐ試み―」
6)永井涼子 2013「看護・介護場面の談話分析と実践への応用」(事例紹介者として)

7)生天目知美・永井涼子 2012「 数値の大きさを表す「大きい」と「高い」について」
8)永井涼子 2012「看護師談話の理想と現実-モデル談話と実際の談話の比較から見えるもの-」(パネルセッション:新しい専門日本語学習カリキュラムをめざして―医療日本語研究からの提言―)
9)永井涼子 2012「看護師による患者描写の諸特徴-引継ぎ報告「申し送り」談話を対象に-」


10)永井涼子 2011「 引き継ぎ報告の談話構造-看護師の「申し送り」談話の分析を通じて-」(指名)



11)登里民子・永井涼子 2010「インドネシア人介護福祉士候補者を対象とする「申し送り」聞き取り授業の実践報告」
12)大和啓子・生天目知美・永井涼子 2009「教育実習における視野の拡大を目的とした反省会の試み」
13)永井涼子 2008「看護師による「申し送り」会話の諸特徴-会議における報告との比較を通じて-」
14)永井涼子 2007「看護師による「申し送り」会話のインターアクション-報告の聞き手の役割に着目して-」
15)永井涼子 2006「 看護師による「申し送り」会話の分析-言語的インターアクションに着目して-」
16)永井涼子 2005「病院会話におけるやりとりの役割-発話末形式,発話機能に着目して-」
17)嶋ちはる・永井涼子 2005「ビデオレタープロジェクトの持つ可能性」
18)永井涼子 2003「インターアクションの有無による情報伝達ストラテジーの違い」

日本社会科教育学会第63回全国研究大会,山形大学
第4回類義語研究会,筑波大学
第41回日本語教育方法研究会,立命館アジア太平洋大学
第3回類義語研究会,筑波大学
第40回日本語教育方法研究会,東京大学

日本語教育方法研究会20周年記念イベント(東京大学)分科会2 教育コンテンツ
第二回類義語研究会,筑波大学
ICJLE世界日本語教育大会,名古屋大学


データに基づいた日本語教育研究のための語彙・文法研究会,第3回研究会 国立国語研究所
広島大学北京研究センター設立10周年記念シンポジウム:日本語・日本文化研究と教育の将来に向けて 広島大学北京研究センター
ICJLE世界日本語教育大会 国立政治大学 台湾
第32回日本語教育方法研究会 神奈川大学
第十回専門日本語教育学会研究討論会
第四回筑波大学応用言語学研究会
日本語教育学会春季大会,東京外国語大学
第25回日本語教育方法研究会,徳島大学
第7回フランス日本語教師会,オルレアン大学
第22回日本語教育方法研究会,横浜国立大学

※リンクの貼ってあるものはリンク先にて閲覧可能です。


成果物:教材公開

談話分析の結果をもとに作成した教材を公開します。ご自由にお使いください。ご感想などをお寄せいただけますと幸いです。

○ 申し送り教材1(看護師が申し送りを行うための教材)PDF版はこちら
○ 申し送り教材2(介護スタッフが申し送りを行うための教材)PDF版はこちら


談話分析(医療・福祉談話)

医療や福祉関係の談話分析に興味のある方へ



information

永井涼子研究室

〒753-8511
山口県山口市吉田1677-1 山口大学留学生センター